カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

肥料と植物活力剤の違い

元気な農作物を育てるためには、肥料や植物活力剤を使います。この二つは同じようなものと思われがちですが、さて肥料と植物活力剤の違いはどんなところにあるのでしょうか?

■ 肥料とは

肥料は、植物が育つために必要な窒素・リン酸・カリウムなどの栄養素を与えるために使用するものです。
この必須三成分をバランスよく配合した肥料が基本的なものですが、このほかにも単一成分の肥料や微量要素を配合した肥料など様々な種類の肥料があります。肥料の原料としては有機物と無機物があり、植物残さや動物の排泄物などの有機物を原料にした肥料を有機肥料、化学合成または鉱物などを原料にして液体や粒状にした肥料を無機肥料と言います。有機物を土壌に施用すると、微生物により無機化されて作物に吸収されます。そういった意味ではいわゆる「肥料効果」としての有機無機に違いはありませんが、有機質肥料の肥料成分以外の原料である、タンパク質や繊維質などの土壌改良効果は有利な点と言えるでしょう。化学肥料は施用してすぐに効き始めることが特長で、肥効をコントロールしやすいところが有利な点です。したがって有機、無機のバランスを考えて施肥することが大切です。

■ 植物活力剤とは

日本の法律では、窒素・リン酸・カリウムがそれぞれ0.1%以上、あるいは2成分以上の合計量が0.2%以上でないと肥料として販売することができません。そのため、法律の基準を満たしていない製品を植物活力剤として販売する場合があります。また作物の生理活性を高める成分を製品にしたものも植物活力剤として販売されています。

■ 違い

人間の食事に当てはめると、肥料は3度のご飯で植物活力剤は健康補助食品やサプリメントと言えます。
植物活力剤だけで作物に充分な栄養素を与えることはできず、あくまでも主食である肥料の補助的な役割を担うものです。
人間もご飯の食べ過ぎは身体に良くありませんし、栄養補助食品だけでも健康を維持できないでしょう。
植物に肥料や植物活力剤を与える際も量やタイミングのバランスが大切です。

Savegreen Web Shopでは、機能性肥料や植物活力剤など農業に関する商品を販売しています。農作物を栽培している方は、ぜひご利用ください。

便利な農業資材

日本は農家の減少が心配されていますが、家庭菜園を始める方や脱サラして農家へ転身する方が増えています。農業は自然を相手にする仕事なので、誰でも簡単にできる仕事ではありません。苦労することも多いですが、農家の悩みを解決する便利な農業資材がたくさんあります。こちらでは、その一部をご紹介いたします。

■ ノックペン式播種機

基本的な農作業の一つに「種まき」があります。例えばキャベツの種を128穴のトレーに播く場合、一粒一粒を指でつまんで土の上に置いていく作業は大変なものですが、ノックペン式播種機の「タネまっくんA」を使えば、かかる時間も半分程度で済みますし、種を無駄にすることもありません。「タネまっくんA」はとても簡単な播種機ですが、確実に時間と種の節約につながります。種まき作業にご苦労されている方にお勧めの農業資材です。ぜひSavegreen Web Shopで「タネまっくんA」をお買い求めください。

■ 収穫時の衛生管理

農作物に病原菌が付着すると病気になってしまいます。病気に注意しながら大切に育てた農作物でも、収穫する際にはさみで切った断面から菌が入って病気に感染してしまうことがあります。そのため、収穫が終了するまで衛生管理を徹底しなければなりません。野菜や果物を一つ収穫する毎に手とはさみを消毒している所もありますが、それだと作業効率が悪く収穫に時間がかかってしまいます。Savegreen Web Shopでは、はさみで切ると同時に刃の除菌ができるハサップアクアシザーズを販売しています。この商品は、はさみを握ると刃に除菌水が流れる構造になっているため、毎回はさみを除菌する必要がなくなります。収穫の作業効率を上げたいという方におすすめの農業資材です。

この他にも、粘着式の捕虫シートやビニールハウスで使用する遮光材など数多くの農業資材を取り揃えております。通販で農業資材を購入する際は、Savegreen Web Shopをご利用ください。

農産物のブランド構築

農作物を生産する農家にとって、作物の実りや栽培方法、殺菌剤選びと同様にどうしたら売れるかというのはとても気になるところではないでしょうか。その方法の1つとして、農産物のブランド構築という手法が注目されています。

■ そもそもブランド価値とは?

日常的に行われる物の売買において、消費者は商品そのものだけにお金を支払っているわけではありません。消費者はその商品によって自分が得られるメリットに対してお金を支払っています。そう考えると、ブランド価値とは商品の機能やメリットだけではない付加価値ということになります。例えば、「キリン・サッポロ=ビール」、「静岡=お茶」のように商品そのものだけではなく、企業や地名がブランド化するケースもあります。

■ 農産物で考えられるブランド要素

それでは農産物にはどのようなブランド価値を付加できるのでしょうか。例えば、Savegreen Web Shopでは植物殺菌剤・微生物殺菌剤のように元々自然界に存在するものを利用した殺菌剤を取り扱っています。最近では、農薬殺菌剤に対して敏感な消費者も増えているため、安全性はブランド価値として付加できる要素の1つです。また、農産物に関しては地名がブランド化するケースが特に多く、新潟のお米・青森のりんご・京野菜・神戸ビーフなど様々な成功例があります。農業の新規参入を検討される方は栽培方法や機械の確保、殺菌剤など資材調達でお悩みかと思いますが、こうしたブランド戦略をしっかり練ることで農作物・農地選びもやりやすくなるのではないでしょうか。

■ 生産者主体では成り立たない

生産者が意図するブランド価値を付加しただけでは、ブランディングとして成功したとは言えません。ブランド価値を認められて市場で購入してもらうまでには、消費者との間に信頼関係が必要となります。消費者との信頼構築を図る手段として、生産者の写真を掲載したり、農園のWebサイトを制作して栽培方法や使用している殺虫殺菌剤のレポートを発信したりする方法は定番です。

Savegreen Web Shopでは農業用・園芸用殺菌剤を取り扱っています。化学的防除だけでなく、IPM(総合防除)に役立つ農業資材を幅広くご用意していますので、お気軽にお問い合わせください。

農家として新規参入する前に

みどりを育てるのが好きで、農業を始めたいとお考えになる方も増えてきました。しかし、農家になるということは、独立・開業と同じで個人事業主になることです。こちらでは、新規参入をお考えの方向けに参入前に知っておきたいことをご紹介します。

■ マーケティングをしよう

農家として独立・開業するならば、お米や野菜などを生産・販売してそれで生計を立てることになります。例えば、産地やブランドをアピールしたり、安全性の高さをアピールしたりなど、ブランド戦略をしっかり練ったうえで農作物や殺虫剤を選ぶことが重要になります。利益を出すためにはどうすれば良いかを考えた時に、綿密なマーケティングが絶対的に必要となるのではないでしょうか。

■ 実態を知ろう

最近では、就農を目指す若者向けに行政が就農体験や勉強会といった就農支援を行っています。しかし、実際に現場でどのような苦労や工夫があるかは自分の目で見るのが一番です。農地選びの段階で何度も足を運ぶと、季節ごとの実態や地域性も見えてくるのではないでしょうか。また、そうした機会を活用して地元農家の人と仲良くなれると、育て方やおすすめの殺虫剤・微生物殺虫剤選びといった相談に乗ってくれたり、機械を貸し借りしたりなどの交流もうまれるかもしれません。

■ 資金は多めに用意

農家転職者の経験談などを聞くと、農業がビジネスとして軌道にのるまでには1〜3年必要です。軌道にのるまでは赤字経営が続くことも想定できるので、その間の農業資材や農薬にかかる費用、生活資金などは用意しておいた資金を切り崩して、という覚悟も必要になります。最近は若者が農家に新規参入しやすくする流れにあるので、給付金制度も様々なものが登場しています。しかし、実際に給付されるまでには時間がかかるため、多めに用意しておくにこしたことはありません。

農家を始めたいと考えていても、「何から始めたら良いか分からない」「どこに相談すれば良いのか分からない」という方も少なくありません。Savegreen Web Shopでは、農業・園芸用殺虫剤やナメクジ駆除剤などの殺虫剤販売をしています。就農を希望する方のお手伝いができれば幸いです。

IPM(総合防除)のメリット

化学的防除や耕種的防除、生物的防除や物理的防除といった持続可能な防除方法を組み合わせることで効果的な防除を行うIPM(総合防除)は比較的新しい考え方です。これまでの病害虫防除は、化学薬剤のみに頼りがちだったり、物理的防除がおろそかになったりすることもありましたが、様々な手法で病害虫を抑制していく考え方であるIPMの実践をおすすめします。こちらではIPMのメリットをご紹介いたしますので、ぜひご覧ください。

IPMのメリットとして挙げられるのは、様々な病害虫に柔軟的に対応できることでしょう。
例えば非常に珍しい野菜を栽培している場合、使用できる登録農薬は限られてくることがよくあります。
当然登録のない農薬は使用できませんので、害虫が発生した場合の対応策を考えなくてはいけません。
ここで取り入れるべき技術としては「防虫ネット」「粘着シート」などが挙げられます。
作物を防虫ネットで包んで害虫の寄生を防いだり、粘着シートで捕殺したりするのです。
極々簡単な事例ではありますが、いわゆるIPMの考え方では農薬(化学的防除)のみに頼らず、防虫ネットや粘着シート(物理的防除)を併用したということになるわけです。
この他に作物の周囲に光乱反射シートやシルバーマルチを敷くことや、「野菜類」登録のある微生物殺虫剤を使用することなど、IPMの引き出しは広がり続けています。したがって、どんな防除方法が開発されているのかを注目することも、既にIPMを実践していると言えるでしょう。

Savegreen Web Shopでは、病害虫からみどりを守るアイテムを豊富に販売しております。IPMを取り入れたアイテムで、高品質なみどりを栽培してみませんか。IPMを取り入れたアイテムだけでなく、培土や播種機、農業資材など幅広いアイテムをご準備していますので、お気軽にご利用ください。人気ランキングも設置していますので、どのアイテムを選べば良いか分からないという方はぜひご参考にしてください。

植物に必要な栄養素

近年、食の安全性や食料自給率などが問題視され、農業に対する注目度も高まっています。実際に農業を始める方がいる一方で、場所や時間がないと断念する方も少なくありません。そんな中、幅広い世代で人気を集めているのが家庭菜園です。自宅の庭で野菜を育てたり、庭がないアパート・マンションではベランダでのプランター菜園が主流となっています。実り豊かな家庭菜園にするには、植物が健やかに生育できる環境を作ることが大切です。

■ 植物の3大栄養素

人間が生きるために栄養素が必要なように、植物にも栄養素が必要不可欠です。植物に必要な栄養素の中でも特に大切なのが、3大栄養素と呼ばれる窒素・リン酸・カリウムです。

・窒素
葉の色を濃くしたり、枝・茎を太く丈夫にするなど、葉や枝・茎の生育を促すのが主な役割です。葉肥とも呼ばれています。窒素が不足すると葉の色が薄くなる、枝・茎の生育不良に繋がります。ただし、窒素が多すぎるとかえって抵抗力が弱まり、病気になりやすくなるので注意が必要です。

・リン酸
実肥と呼ばれるリン酸は、その名の通り実・花のつきを良くする働きを持っています。そのため、リン酸が不足すると花つきや実なりが悪くなり、さらには根や葉、枝などの生育にも影響を与えます。実がなる植物を育てる際には特に必要となる栄養素なのです。

・カリウム
カリウムは根や茎を丈夫に生育するために必要な栄養素で、根肥とも呼ばれています。根・茎を丈夫にするだけでなく、乾害・寒害などから植物を守る耐病性を身につける働きもあります。不足すると根の生育が悪くなり、葉焼けのような枯れ方をすることがあります。

この3大栄養素の他にも、中量要素と呼ばれるカルシウム・マグネシウム・硫黄、微量要素と呼ばれる鉄・マンガン・ホウ素・亜鉛などが植物の生育に必要となってきます。機能性肥料はこれら栄養素をバランス良く与えることができます。その際、植物の種類や環境に合わせて肥料を与えることがポイントとなります。

Savegreen Web Shopでは、家庭菜園からプロの生産農家までお使いいただける機能性肥料をご用意しております。硫酸カルシウム肥料やシリカゲル肥料、微生物土壌改良剤、植物活力剤、培土などをお探しの方は、お気軽に通販をご利用ください。

薬剤を撒くタイミング

作物を育てていると病害虫の被害に遭うことは稀ではありません。これは単一の作物を大量に育てているといった、言わば自然とはかけ離れた状態を作り出している農業なので、特定の作物に寄生しやすい病害虫が増えてしまうという致し方ない状況です。しかし病害虫の発生を放置しておけば、収穫できる作物はほとんどなくなってしまい農業経営や家庭菜園が成り立ちません。だからと言って闇雲に薬剤散布をしても、効果的に病害虫を防除できるわけではありません。ここでは効果的な病害虫防除のための薬剤使用の考え方を述べてみたいと思います

■ 病害虫の生態を知る

農作物に危害を与える害虫には多くの種類がいます。それに合わせて薬剤を撒くタイミングも変わってきます。例えば短期間で大量に増殖してしまうハダニなどの害虫は、その発生初期に対処することが重要です。
日々作物を観察して、葉色などの変化や株の大きさの違いを感じ取ることでハダニの初発を把握することができます。また、薬剤を散布する前に可能な限り摘葉するなどして、薬剤が病害虫にかかりやすくすることも重要な技術の一つです。摘葉は株回りの風通しを良くして湿度を下げる効果もあるので、多湿で発生しやすい灰色かび病など病害の抑制にも効果的です。

・コガネムシ
コガネムシの発生時期は5月〜11月ころで、羽化成虫が5月頃から飛来し土中に卵を産み付けます。したがって成虫を確認したら、既に卵は土中に産み付けられていると考えてよいでしょう。コガネムシの幼虫は7月〜10月頃までに野菜に被害を与えるので、その頃までに成虫、幼虫を発見したら処分することが大切です。また未完熟な堆肥や雑草地を好んで産卵、成長するので、完熟した有機物を使うことや畑の周辺に雑草を生やさないことがコガネムシ対策のポイントです。薬剤はそれぞれの作物に登録のあるものを選択してお使いください。

・ナメクジ
葉菜類を食い荒らすナメクジは夜行性のため、昼間にその姿を見つけることは難しいです。ナメクジやカタツムリは湿度が高く薄暗い環境が整えば、季節に関係なく発生する害虫です。新芽や柔らかい花びらを好み、さらに果実にも穴を開けてしまいます。ナメクジやカタツムリを見つけたらその都度すぐに排除し、ナメクジ駆除剤を散布すると良いでしょう。また、湿度を抑えて発生しにくい環境を整えることも大切です。

環境づくりをすることで、薬剤の量も減らすことができます。害虫に合わせた駆除の方法を知ることは重要だといえるのではないでしょうか。ここではほんの数例をご紹介しましたが、それぞれの病害虫にはそれぞれに合った防除方法があります。病害虫でお困りの際はぜひ弊社までお問い合わせください。 解決策をご提案いたします。

薬剤などの農業資材にも多くの種類があります。地元のホームセンターでは目的の農業資材が見つからない、というケースも珍しくありません。そんな時にはSavegreen Web Shopを利用してはいかがでしょうか。Savegreen Web Shopでは駆除剤や殺虫剤はもちろん、防虫ネットや遮光剤、ノックペンタッチの播種機、ランナーピンといった農業資材も通販で取り扱っております。

奥が深い微生物の世界

農業や園芸をしている方にとって、農作物や植物に被害を及ぼす病害虫・病原菌駆除は、悩みの種だと思います。殺虫殺菌剤選びが重要となってきますが、こちらでは殺菌剤を最大限活用する際に知っていると役に立つ微生物についての豆知識をご紹介します。

■ 微生物の分類

殺菌剤は農作物の生育に重大な被害を与える微生物を予防するものです。そもそも微生物とは、顕微鏡を用いることでやっと存在が確認できる大きさの生き物のことです。原則的には細胞を包む膜を持つ真核生物と膜を持たない原核生物に分かれます。
・真核生物…カビ、酵母、キノコ、藻類、原生動物、植物、動物など
・原核生物…細菌、放線菌、ラン藻、古細菌
※ウィルス…顕微鏡の中でも高性能の電子顕微鏡でその存在が確認できるもの。微生物とも一線を画す。

■ 微生物の生き方

微生物も人間と同様に生きていくためには栄養が必要です。微生物の中には、人間と同じようにたんぱく質や炭水化物といった、有機物を栄養源とする従属栄養生物と、アンモニアや鉄イオンといった無機物を栄養源とする独立栄養生物の2種類がいます。
また、微生物が増殖する上で空気も重要な要素の1つですが、菌の中には増殖に酸素を必要とする好気性菌・微好気性菌、酸素がある場所では増殖できない嫌気性菌、酸素の有無に関わらず増殖できる通性嫌気性菌がいます。

■ 微生物にも役割がある

農業で微生物対策をする時に心配なのが、殺菌剤が農作物や周囲の自然環境に影響を及ぼさないかどうかではないでしょうか。自然界に存在するものには、悪い影響だけでなく良い影響を与えるものもいます。
そのため、農作物に良い影響を与える微生物まで影響する農薬殺菌剤は、毒性の問題からもリスクが高いものでした。

最近では、農業用・園芸用殺菌剤として自然界に存在する微生物を利用した、微生物殺菌剤が植物殺菌剤として注目されています。Savegreen Web Shopでも生物防除剤を豊富に取り揃えていますので、ぜひお問い合わせください。

病害虫が発生しやすい環境

農業や園芸において病害虫対策は必須ですが、殺虫剤選びなど対策にこだわりがある方も多いと思います。
世界的な取り組みとしてIPM(総合防除)が注目されていますが、IPMを効果的に実践するには病害虫が発生しやすい環境について知ることも大切ではないでしょうか。

■ 環境的な要因

農作物被害を及ぼす害虫や病原菌には、成育しやすい環境というものがあります。例えば、ナメクジは時に農作物に重大な被害を及ぼしますが、ナメクジが好む環境と言えば温暖で湿気が多く栄養が豊富にある場所です。カビや菌など病害虫・病原菌となる微生物が増えやすくなるのも、温度・湿度・空気といった要因が必ずあります。
しかし、害虫や病原菌が好む環境は農作物によっても育ちやすい環境である場合もあり、ナメクジを駆除するにはナメクジ駆除剤など、それぞれの対策に合わせた殺虫剤を組み合わせることが必要になってきます。

■ 栄養的な要因

農作物に被害を与える害虫や病原菌が生きていくためには、居心地が良い環境であることに加え、栄養が豊富にあることが必要です。農業は単一の作物が一面に植わっているという、自然には存在しない条件下での栽培となるので、それを栄養とする害虫が集まってくるのはある意味当然のことなのです。
つまり、農作物が豊作であるほど病害虫にとっても居やすい環境になるというジレンマがあるため、多角的な防除が可能になるIPMが推進されています。

■ 有効な対策が必要

IPM(総合防除)を考える際に殺虫剤は不可欠なものです。しかし、最近では安全性や環境への配慮から、過剰な化学成分由来の農薬に対する視線は、生産者・消費者ともに厳しいものです。そのため食物連鎖のシステムを利用した農業用・園芸用殺虫剤に関しても、微生物殺虫剤が注目されています。

病害虫・病原菌被害を最小限に抑えるためには殺虫剤をはじめとして、物理的防除や土壌改良による耕種的防除など様々な策を講じることが重要です。Savegreen Web ShopでもIPMに役立つアイテムを多数取り揃えていますので、お気軽にご相談ください。

IPM防除を構成する防除策について

IPM防除

現在では、世界中でIPM(総合防除)推進の取り組みが行われております。IPMは化学的防除・耕種的防除・生物的防除・物理的防除など様々な防除策が組み合わさったものですが、ここではIPMを構成する防除策の一部についてご紹介いたします。

■ 化学的防除

化学的防除は病害虫による被害を防ぐため、殺虫剤や殺菌剤などの化学薬剤を使用して防除を行うことです。強みとして病害虫に対する確実な防除効果を持っている一方で、薬剤抵抗性や耐性菌発達のリスクを持つというマイナス要素も持っています。

■ 生物的防除

天敵昆虫や微生物農薬を利用する、いわゆる生き物を利用して病害虫を抑える方法です。
環境に優しいことや抵抗性や耐性菌がつきにくいという有利な点がありますが、反面病害虫の多発時に対応しきれないことや、比較的遅効的なので病害虫の発生初期に使わなくてはならないことなど、使用のテクニックに技術を要します。併用できる化学薬剤が限られてしまうこともマイナス要素の一つです。
しかしながら効果を十分に発揮すれば、長期間にわたって病害虫を抑制することが可能です。

■ 耕種的防除

耕種的防除は、無病苗の使用や土壌改良、栽培環境の適正化などの「栽培方法の改善」によって防除効果を得るものです。即効的に効果を実感できないのが難点ですが、こちらも人や環境に優しい点で優れています。

■ 物理的防除

防虫ネットで害虫の侵入をブロックしたり、捕殺粘着板などのトラップを設置して防除効果を得るのが物理的防除です。確実に害虫をブロックできますが、害虫の多発時には効果が劣ることもあります。
また目合いの細かい防虫ネットは、施設内の換気を悪くするので高温時には栽培環境を悪化させることもあります。しかしながら薬剤抵抗性害虫への対策としては最も基本となる防除技術でしょう。

IPMを構成する防除策についてご紹介しました。どの防除策にも長所・短所がありますが、これらを上手く組み合わせ、みどりを守る取り組みこそがIPMなのです。

当店では皆様のみどりを守るため、IPMに役立つ駆除剤や捕殺粘着板、肥料・土壌改良剤を販売しております。農業に従事している方は、お気軽にご利用ください。