カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

有機銅水和剤「ドキリンフロアブル 500ml」

ドキリンフロアブル 500ml


糸状菌病害から細菌性病害まで幅広い病害に有効の有機銅フロアブル剤です。
有機銅剤は、無機銅剤と比べて、薬害が少ないです。
耐性菌出現リスクが低く、既存剤に対する耐性菌に対しても有効です。

有機銅水和剤「ドキリンフロアブル 500ml」

価格:

1,900円 (税込)

[ポイント還元 19ポイント〜]
購入数:
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

ドキリンフロアブルの特徴

・有機銅を有効成分としており、果樹・野菜の幅広い病害に優れた保護効果を示します。
・耐性菌出現リスクが低く、各種薬剤に対する耐性菌にも有効である。
・フロアブル製剤のため使い易く、果面等への汚れが少ない。


適用病害と使用方法



注意事項

・石灰硫黄合剤、水和硫黄剤との混用は薬害のおそれがあるのでさける。
・本剤をりんごの病害防除に使用する場合は、さび果の発生を多くすることがあるので、落花直後から落花20日頃までの使用はさける。また樹勢の良くない状態などで連続散布すると生理落葉を助長することがあるので注意する。特にゴールデン及びゴールデンからの育成品種では注意する。
・はくさい、レタス、キャベツの軟腐病、キャベツの黒腐病などの細菌性病害防除に使用する場合、発病後の散布では効果が劣ることがあるので、発病前〜発病初期から予防的に散布する。
・ぶどうに使用する場合、果実肥大期(あずき粒大)以降の散布では、さび果や果房の汚れを生ずることがあるので、無袋栽培ではこの時期以降の散布は避ける。
・本剤は自動車などの塗装面に散布液がかかると変色する恐れがあるので、散布液がかからないよう注意する。
・適用作物群に属する作物又はその新品種に本剤をはじめて使用する場合は、使用者の責任において事前に薬害の有無を十分確認してから使用する。なお、病害虫防除所等関係機関の指導を受けることが望ましい。
・本剤の使用に当っては、使用量、使用時期、使用方法を誤らないように注意し、特に初めて使用する場合は、病害虫防除所等関係機関の指導を受けることが望ましい。




http://www.nichino.co.jp/products/materials/dou-explanation/index.html#page=4&rect=0_0_1016_720&color=0xff0000&scaleIndex=1

ページトップへ