カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

微生物殺菌剤「ボトピカ水和剤」50g

微生物殺菌剤「ボトピカ水和剤」50g

「ボトピカ水和剤」は納豆菌の仲間であるバチルス・ズブチルスを有効成分とした微生物殺菌剤です。
同じ有効成分を持つ「ボトキラー水和剤」と比べ、グラム当りの胞子量が倍になっており、より薄い濃度で使うことにより作物体への汚れが少なくなりました。

微生物殺菌剤「ボトピカ水和剤」50g

希望小売価格:
オープン価格
価格:

1,980円 (税込)

[ポイント還元 20ポイント〜]
購入数:
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

適用病害虫と使用方法

ボトピカ水和剤の効果の出方

ブログでも紹介しています。

出光興産のホームページ

注意事項

  • 有効成分は生菌であるので、散布液調製後はできるだけ速やかに散布する。また、開封後は密封して保管し、できるだけ早く使い切る。
  • 保護作用が強く予防効果が主体なので、散布処理を行う場合には発病前〜発病初期に7〜10日間隔で散布する。
  • 低温条件では効果が出にくいので、10℃以上が確保される施設内で使用する。
  • 他剤と混用すると十分に効果が発揮されない場合があるので注意する。
  • 散布量は対象作物の生育段階、栽培形態及び散布方法にあわせ調節する。
  • 使用に当たっては、使用量、使用時期、使用方法などを誤らないように注意し、特に初めて使用する場合には病害虫防除所などの関係機関の指導を受けることが望ましい。
  • 適用作物群に属する作物またはその新品種に本剤をはじめて使用する場合は、使用者の責任において事前に薬害の有無を十分確認してから使用する。なお、病害虫防除所等の指導を受けることが望ましい。
  • 眼に対して刺激性があるので眼に入らないよう注意する。眼に入った場合には直ちに水洗し、眼科医の手当を受ける。
  • 散布の際は農薬用マスク、手袋、不浸透性防除衣などを着用するとともに保護クリームを使用する。作業後は直ちに身体を洗い流し、洗眼・うがいをするとともに衣服を交換する。
  • 作業時に着用していた衣服等は他のものとは分けて洗濯する。
  • かぶれやすい体質の人は作業に従事しないようにし、施用した作物等との接触を避ける。
  • 夏期高温時の使用を避ける。
魚毒性 水産動物に影響を及ぼすが、通常の使用方法では問題ない
保管 密封し、直射日光を避け、食品と区別して、冷涼・乾燥した場所に保管する。

ページトップへ